世田谷区 下北沢駅徒歩1分の心療内科・精神科。うつ病、統合失調症、不安障害、認知症など心の専門クリニックです。

電話番号 初診ネット予約 再診ネット予約
0354327071
初診ネット予約 再診ネット予約

ご予約・お問い合わせ
TEL 03-5432-7071

メールでのお問い合わせ

※診察のご予約はネット予約またはお電話にてお願いいたします。

院長のひとりごと

非定型抗精神病薬

2019年10月6日

当院は街中のクリニックで、統合失調症などの精神病圏の方は少なく、その分抗精神病薬を用いる頻度は低いと思います。ただ最近製薬会社のMRさん(薬品の説明紹介をしてくださる方々)がそれらの話題をよくされるので少し気になったのと、非定型抗精神病薬は気分障害の治療にも用いられるので、少し書いてみようと思いました。 非定型坑精神病…
続きを読む

モノアミン受容体仮説

2019年9月14日

以前ケタミンの話題を少し書きました。治療抵抗性の単極、双極うつ病の患者において、麻酔域下の用量での静注で、 時間単位のオーダーでうつ症状が有意に改善することが報告されています。 https://jamanetwork.com/ journals/jamapsychiatry/ fullarticle/210856 これ…
続きを読む

無題

2019年8月27日

以下も 私の妄想であって確定した事実ではありません。 自由意志についての研究で有名なリベットの実験というものがあります。 結論から言えば、人間が何かの動作を決定するタイミングは行為そのものの約200ミリ秒前に生じる、そしてその300ミリ秒前に脳の準備電位、即ち意識に上らないニューロンの発火がみられると報告したのです。こ…
続きを読む

自己、意識

2019年8月6日

以下書くことは僕の妄想というか特に科学的根拠はありません。 恍惚発作という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。側頭葉発作というてんかんの部分発作の一種で、ロシアの大作家ドストエフスキーが数多く作品中に記述したことで知られます。 その体験は強烈なもので 自己意識の変容・・すべてが自覚される感覚、感情が圧倒的に大きくなる …
続きを読む

抗うつ薬の未来

2019年6月30日

https://en.wikipedia.org/ wiki/Esketamine TRDに対するケタミンの効果についてはその作用機序の特異性、効果発現までの速さ、再発予防の観点など、 興味深くもありまた期待も持っておりました。 JAMA Psychiatry. 2019 Jun 5に掲載されたこちらの論文 https…
続きを読む

水中毒

2018年12月15日

最近スタッフから何故か水中毒について書けと指令が来たので、少し書いてみます。 通常人の飲水量は一日3リットル以内、それを超えるといわゆる多飲polydipsiaと定義され、注意が必要となります。繰り返すことで低浸透圧性低ナトリウム血症 hyponatremia with a low plasma osmolalityを…
続きを読む

睡眠中の呼吸障害

2018年12月1日

臨床に直結しない内容を書いてきて、反省点も多いこのコラムですが、今回もそうなるのかもしれません。 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、SAS)という疾患があります。 WHOの定義では、一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこるか、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上…
続きを読む

レム睡眠と記憶

2018年11月23日

前回何だか難しげなことを書いてしまい、さらに直接あまり臨床に関係ない領域なので、テンションが下がっています。少し話題を変えます。 レム睡眠時にPGO活動が盛んになり、それに伴いびまん性に脳の様々な部位が活性化されるわけですが、その一つに海馬があげられます。ここは記憶の形成、特に新しい記憶を長期的に脳に蓄えるための重要な…
続きを読む

レム睡眠

2018年11月11日

レム睡眠ってみなさんご存知でしょうか。 睡眠中の状態のひとつで、身体は骨格筋が弛緩して休息状態で、脳は活動して覚醒状態。外見的には寝ているのに、脳は覚醒状態にあるため、逆説睡眠とも呼ばれることがあります。 この睡眠にかかわる病気はいくつかあるのですが、代表的にはレム睡眠時行動障害、ナルコレプシーなどがあげられます。これ…
続きを読む