世田谷区 下北沢駅徒歩1分の心療内科・精神科。うつ病、統合失調症、不安障害、認知症など心の専門クリニックです。

電話番号 初診ネット予約 再診ネット予約
0354327071
初診ネット予約 再診ネット予約

ご予約・お問い合わせ
TEL 03-5432-7071

メールでのお問い合わせ

おもな疾患

認知症

認知症とは「獲得した複数の認知・精神機能が、意識障害によらないで日常生活や社会生活に支障をきたすほどに持続的に障害された状態」と定義されます。
我が国の65歳以上の高齢者における認知症有病率は約15パーセント、2025年における推定認知症者数は675-730万人とも言われております。

統合失調スペクトラム

統合失調症の中核症状を、妄想、幻覚、解体した思考・会話、ひどくまとまりのない言動または緊張病性の行動、陰性症状の5つの主領域とし、これらの重症度の違いなどによってカテゴリー内での連続体として疾患をとらえる考え方が主流となっております。
具体的には、失調型障害、妄想性障害、短期精神病性障害、統合失調症様障害、統合失調症など、それぞれ重症度、症状の有無、強さなどにより連続的にカテゴライズされます。

気分障害

現代の診断基準においては双極及び関連障害(Bipolar and Related Disorders)と抑うつ障害(Depressive Disorders)は明確に区別されており、実は気分障害という大カテゴリーはなくなっているのですが、臨床的にこの二つの疾患を明確に区別するのは時に大変難しい場合があります。また気分の背後には様々な生物的、心理的、社会的要因が隠れている場合が多く、それらを個別的、また総合的にとらえていく必要があります。

不安障害

不安症群は、過剰な恐怖及び不安、関連する行動の障害からなります。適度な不安は適切な適応行動、また回避行動を取るうえで必要なものですが、過剰であったり限度を超えて持続的であったりする場合、日常生活に重大な影響を及ぼします。
分離不安、選択制緘黙、恐怖症、社会不安症、パニック障害、広場恐怖、全般性不安など、発症年齢、不安の対象、症状の特徴などにより広範囲に分類されます。

強迫関連障害

強迫観念は繰り返し生じ持続する思考、衝動、イメージ、強迫行為は繰り返される行動または心の中の行為であり、この二つは通常一つの対応関係として疾患を形成しています。
観念としては汚染、病的懐疑、対称性、タブー思考など、また行為としては確認、洗浄、計算、対称性などがあげられます。関連疾患としては醜形恐怖、ため込み症、抜毛症などがあげられます。

心的外傷およびストレス因関連障害

心的外傷、またはストレスの強い出来事への暴露の後に続く心身の苦痛が持続する状態です。反応性アタッチメント障害、脱抑制型対人交流障害、心的外傷後ストレス障害、急性ストレス障害、適応障害などを含みます。一般論として、社会的、対人関係、発達、教育、職業など様々な領域に影響を及ぼします。

解離性障害

意識、記憶、同一性、情動、知覚、身体、運動、行動などの統合が失われ、機能不全となる状態です。離人感、健忘、同一性障害、昏迷など、様々な領域で症状が出現します。またストレス関連症状の一部(健忘、フラッシュバック、離人感など)は解離症状が含まれています。

心身症、身体関連症状

様々な身体症状は時に身体的、器質的原因なく生じる場合があります。
頭痛、耳鳴り、めまい、胃部不快、嘔気、便秘、下痢、身体疼痛、脱力、麻痺、異常運動、失声、知覚麻痺、感覚障害など。また症状への過剰な心配から医療機関をいくつも受診し、無用な検査、治療を繰り返す場合があります。

食行動障害

代表的には神経性やせ症、神経性過食症などの体重、体形ををめぐる自己評価、イメージの不具合から生じる過食、不食の状態があげられます。それ以外にも異食、反芻など食をめぐる異常が含まれます。

睡眠―覚醒障害

不眠障害、過眠障害、ナルコレプシー、呼吸関連睡眠障害、概日リズム睡眠覚醒障害、悪夢障害、レム睡眠行動障害、レストレスレッグス症候群、物質誘発性睡眠障害など、様々な睡眠覚醒をめぐる障害があります。適切に診断するため、時に終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー)など専門的検査を必要とする場合があります。

神経発達障害群

発達期に発症する一群の疾患がここに含まれます。現代において特にトピックとなっているのが自閉スペクトラム症、これは社会性、対人コミュニケーション、人間関係の維持などに障害があり、また独特の行動、興味、こだわり、感覚刺激に対する敏感さ、鈍感さなどが特徴とされ、様々な個性、重症度があるためスペクトラムという名称が与えられております。
また注意欠如・多動症は、不注意、まとまりのなさ、多動性、衝動性が障害レベルまでに達することで日常生活全般に広く弊害が及ぶ状態です。