世田谷区 下北沢駅徒歩1分の心療内科・精神科。うつ病、統合失調症、不安障害、認知症など心の専門クリニックです。

電話番号 初診ネット予約 再診ネット予約
0354327071
初診ネット予約 再診ネット予約

ご予約・お問い合わせ
TEL 03-5432-7071

メールでのお問い合わせ

睡眠中の呼吸障害

臨床に直結しない内容を書いてきて、反省点も多いこのコラムですが、今回もそうなるのかもしれません。
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、SAS)という疾患があります。
WHOの定義では、一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこるか、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上というものです。

そもそもこれはSDB(sleep disordered breathing)、すなわち睡眠中の呼吸障害の一種です。
随伴症状として、EDS(Excessive daily sleepiness),睡眠中の窒息感やあえぎ、繰り返す覚醒、起床時の爽快感欠如、日中の疲労感、集中力欠如のうち2つ以上を認めることとされ、その上で診断手順としてはまず経皮的動脈血酸素飽和度(SPaO2)測定装置または簡易無呼吸診断装置による検査、Epworth sleepiness scale(ESS)などを実施します。その結果必要と判断されれば終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)を行います。
そこでAHI(apnea hypopnea index)、即ち1時間当たりの無呼吸、低呼吸が5以上であった場合SASかcheyne-Stokes呼吸と判定されます。後者は脳血管系疾患(脳腫瘍・脳梗塞等)、心不全、腎不全、肺炎、薬物中毒、全身麻酔、大量の失血時などにみられる呼吸状態で、呼吸中枢の異常が原因となる特殊な病態です。

SASの成人の重症例では脳血管、心循環系など重篤な疾患の合併により、長期の生存率が低下することや、 睡眠の分断による日中傾眠が交通事故や産業事故などの原因となるリスクが問題とされています。
SASには3種類あります。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSAS, Obstructive SAS)は睡眠中の上気道の筋群が弛緩し閉塞する病態。
中枢性睡眠時無呼吸症候群 (CSA,Central Sleep Apnea)は脳血管障害、心不全などに伴う比較的稀な病態。
混合性睡眠時無呼吸症候群は2つが混合した病態です。

今回はそのうちのOSASについて、生理的基盤としてのセロトニン神経系の関与について書こうと思ったのですが、文章量が多くなりそうなのでまた次回といたします。

2018年12月1日  ひとりごと